おうち時間の有意義な使い方について考える

皆さん初めまして、e-金庫本舗の瀬戸口と申します。
今後、電話でのお問い合わせの際に皆様とお話しする機会も増えるかと思います。何卒、温かい目で見守っていただけると幸いです。

※生活のためにやむを得ず出社している皆様、
テレワークでも小さなお子様がいる皆様、
本当にお疲れ様です。頭下がります。
以下では、アルバイトもできない学生の皆様や、飲食関係者など、
先の見えない自宅自粛が続いている方たちに向けて記述しております。
予めご了承ください。

さて、今何かと世間を大混乱させているコロナウイルス。
それに伴って家で過ごす時間が増えた人も多いのではないでしょうか。


初めこそ、NETFLIXで気になっていたドラマシリーズを一気見したり、
どうぶつの森で友達と通信したり、
皆さん好きなように思い思いの過ごし方をされていたかと思います。


ただ、もう言わせてもらいますが、、

限界じゃないですか?



見たいドラマシリーズなんてとっくに見終わり、
知能レベルが低下しそうなリアリティショーにまで手を出す始末。
一方、どうぶつの森では溜まったベルの支払いを残したまま、
動物たちを放置して島が雑草まみれになる頃かと思います。

面白いことに、こうして自宅での自粛に嫌気がさした人間は、
大抵「クッキーを焼く」か、「庭でBBQする」動画をSNSに投稿し始める傾向にあります。

また、匿名で質問できる謎のアプリ(怪しすぎだろ)
でみんなの質問に答え始めます。
余談ですが、ここに「ユーチューバーのヒカルです、いくらほしいですか?」とコメントすると回答次第で相手の人間性が垣間見えるのでおすすめです。
#しっかりネタバラシはしてあげましょう。

しかし、最終的にはこうして自粛期間が続いた末に、
「親しい友達のみ」にストーリーを見れるようにして、
こっそりと遊びにでかけてしまう人が多いような気がします。



少しまじめな話ですが、20代が感染して死亡するリスクは500人に1人と言われています。
皆さん姿形の見えない脅威に慣れていないので麻痺していますが、
500回に1回墜落する飛行機があったら乗りますか?
乗らないですよね。

それほどまでにリスクがある行為なのにまだまだ若者の認識が甘いような気がします。
「自分は絶対かからない」
その自信はいったいどこから来るのでしょうか。

みんなの謎の自信を電力にすることができれば電力不足も解消されるのではないかな、と思ったので誰か頭がいい人発明お願いします(丸投げ)
実現すればアイデア料80%もらいます(がめつい)(おちゃめ)

本来であれば楽しいはずの場所なのに、
そこへ行くことで後ろめたい感情を抱いてしまう。
それはもてなす側も遊びに行く側もとても悲しいことだと私は思います。

来年、再来年、心置きなく全力で遊びに行くための準備、先行投資として、
今は不要不急の外出は避け、自宅で過ごしましょう。
「STAY HOME」です。


さて、やたら前置きが長くなってしまいましたが、
皆さんが言いたいことはよくわかります。

「ほな結局家で何したらええねん」





落ち着いてください、拡声器はやめてください。

ここからは、新たなお家時間の有意義な使い方について考えていきましょう。

①天井に空想画を描いてみる


もう思いついた瞬間にやめたくなりましたが、
新たな何かが発見できるかもしれないという一抹の期待を胸にチャレンジしてみました。

おそらく1時間くらい経過したあたりでしょうか。
なんと私の家の天井に「最後の晩餐」を彷彿とさせるような壮大な作品が出来上がったのです。

ただ、おなかがすいていたので、「最後の晩餐」が、だんだん「サイゼリヤの天井画」に見えてきたので中断させました。

というか、実は途中から「紙に書けば良くない?」という疑問と戦っていたので結果的に真似しない方が賢明だと思います。

これに関しては、我ながら暇つぶしがアグレッシブすぎてちょっと引きました。
砂浜アートなど、形が残らない作品に美を感じる方たちにお勧めです。

②こっそり有名人になってみる


今の時代、だれでも有名人になれてしまうもの。
顔出しせずに、ツイッターで面白ツイートをするのみのアカウントがフォロワー数十万人なんてざらの時代です。
私も最近知りましたが某アプリで有名な10代20代の子たちが、
生放送をして数千万円単位の投げ銭を集めているんだとか。

私は感じました、世はSNS戦国時代なのだと。

そこで私は、こっそり有名人になろうと思い立ちました。
我ながらいいアイデアです。

まず、メインアカウントとは別に
新しいアカウント名を考えなければいけません。
取り急ぎ、
「オサカナチンパンジー」
という名前にしました。
聞いた名前のような気もしますが出だしは好調です。後悔はしていません。

次に、呟く作業。
あまり考えすぎてもよくないので取り急ぎ、
「お言葉ですが陛下って言ってみたい」
深夜の2時に尖りすぎてよくわからない事をツイート

後程判明しましたが、プライベート用のアカウントで呟いてしまったため、
「深夜に陛下って言いたがっている変な奴」と各方面から心配されることになったので皆さん誤爆には本当に気を付けてください。

というわけで、今後私がバズる日も近いのではと思っております。

ちなみにアカウント名は完全にスベっているので変えました(とても冷静で素晴らしいですね)
記念すべき1ツイート目も完全にすべっているので消しました。

これも後から判明しましたが、
ツイッターには陛下って言いたい人が私の他に3人もいました。






いかがでしたでしょうか、





まったく実用的ではないですね。



とはいってもこれはブログ用の一例に過ぎないので、実際に私がチャレンジしていることは
まだまだたくさんあります。


「自粛」と聞いてしまうと「待て」と言われている犬のように考えてしまうかもしれないですが、
ポジティブな捉え方をすれば、これって自分を見つめなおす時間なんじゃないかと思います。


日頃、「英語を勉強したい」だとか「筋トレしたい」「楽器を始めてみたい」
と口に出す人は多いですが、結局仕事や遊びの忙しさを理由に挑戦してこなかった人がほとんどですよね。
是非これを機に何かチャレンジしてみてください。


「家の中じゃ英会話教室に行けないじゃないか」
「ジムが営業してない」
など


理由なんていくらでも付けられます。
英語はyoutubeでも勉強できるし、教科書を買えばいいですよね。
実際に現地の人と触れ合いたいのであれば、世界中の人と電話できるアプリだってあります。

筋トレもある程度であれば家の中で十分体を大きくできます。

脳科学的には、自分がやりたいことでも「面倒だ」と感じると楽な方へ楽な方へ言い訳を考え始めます。
断言してしまいますが、今やらない人はコロナが終わっても始めません。


正直これはチャンスです。
この時期は多くの人のマインドが下がってしまう時期です。
このタイミングで自分の新たな扉を開き趣味を伸ばすことができれば、

コロナが明けた時あなたはぶっちぎりで魅力的になっていると思います。

人は年を重ねるにつれて、
自分の限界を決めてしまう生き物だと言われています。

しかし、一歩踏み出してしまえば、
自分の能力や表現の幅は無限に伸びるものだと私は思っています。


どんな事でもいいんです。
こんな将来が不安な時期だからこそ、
心躍る何かを見つけて、自分のご機嫌は自分で取ってあげましょう。
金庫や気になっていたブランド品を買ってみるのも一つの手ですね!



結論
「おうち時間の有意義な使い方」とは

「新たな暇つぶしの方法」ではなく

「自分を磨く時間の使い方」だと結論付けます。(論文?)



ただ、勘違いしてはいけないのが、
程よい息抜きは必要ですよ!!
海外ドラマもゲームも死ぬほど楽しんでください!


そしてこの機会をチャンスだと捉えて
何か新しいことにチャレンジしてみてください!


以上(論文?)